特にロングフレアースカートが大好きです。気分を変えて膝丈ないしロング丈のタイトスカートやAラインスカートも穿きます。

柄物でしたら花柄模様が大好きなのですが、それ以外は無地柄ばかりです。

生地でしたらジョーゼットやシルクなどのように、肌触りや手触りが優しいものが好みですね。

各人のお好みでいいと思います。
男女で服装に隔たりや垣根があってはならないと思いますね。
服装もジェンダーフリーとなって行くべきではないでしょうか。

私は身長は170センチ程度あり、男性としてはまずまずですが、如何せん足が短いため、ズボンを穿くと格好悪くてとても嫌だと小さい頃から思っておりました。また女性はズボンもスカートも穿くのにどうして男性はズボンだけなのか疑問視しておりました。更にスカートは特に夏は涼しそうでいいとも思ったりもしましたね。幼い頃からね。

そこで中学生ぐらいの頃に試しにスカートを穿いたりしたこともあったけど、一方で女装には抵抗があった私でした。男性でスカート穿く人のイメージは女装しかありませんでしたからね。

そうやって何年も経てしまった間、コンビニ等に置いてあるスカートの通販カタログを所持して閲覧するのを楽しんでおりましたが、元々私は自分の思ったように正直に生きないと気がすまない性格の持ち主のためか、20代末期にようやくでしたが、スカートをお店で買うのがはじまりでしたね。

最初は色々なタイプのスカートを安価なもの(5000円以内のもの)で試しましたが、ロングフレアーが好みだとわかったら高いもの(1〜3万円ぐらいのもの)も買うようになり、ますますスカートが好きになりました。外出についてですが、私一人でやっていた頃はまだ心細かったなりにやっていたに過ぎなかったけれども、和美さんに出会ってからおかげさまで弾みがついて今日に至っております。

勿論あります。
というよりも私はプライベートの中では日常的にスカートファッションして生活しているというのが実態です。プライベートの中では逆に全くといっていいぐらいにパンツファッションをしませんね。

スカートが大好きなので、私はとても幸せに嬉しく感じます。

女性は元々は男性のみのファッションアイテムであったパンツファッションを今では当然のようになされているわけですから、もっと多くの男性がスカートファッションされるようになられたらと痛切に思いましたね。

確かに現状では、私のような男性がスカートファッションして日常的に生活することには勇気が要ることではないのだろうかと言われたものです。ですがどうして私がここまでされるのかを先ずは知っていただきたいのです。

女性は今の時代ではスカートもパンツも穿きますが、男性は未だにパンツだけ穿くのが一般的ですよね。でも男性だって少なからずスカートに興味があって女性と同様に着用されたいと想われる人も存在するのはむしろ自然なことではないでしょうか。服装は着用するものによって気分まで変えてしまうぐらいなものです。そうであるのなら男性が好んでスカートファッションするのも本来は当然のことではないだろうかと想い、それを日常生活の中で自ずと表現するというか主張していっていいかと思います。こう想えるかどうかが男性が最初にスカートファッションするためのキーポイントになるのではないでしょうか。私はそう思います。

次に友人や知人などに正直に伝えていくべきだと思います。確かに縁を切ることになってしまったかつての友人や知人もおります。でも全てがそうではなく理解されてくれた友人や知人とはそのことを伝えた後も仲良くやっております。親しかった人とスカートのことぐらいで仲が悪化するぐらいでしたら、私は理解してもらえずに残念だっというかそこまでの縁だったと割り切るようにしております。

以上について自分がどれだけ想うか次第では、男性も本気になってスカートファッションをして行けるかと思います。そういう男性がもっと多くなったら男性にもスカートの市民権を得られることも夢ではないでしょう。

スカートが大好きな男性は気兼ねせずに積極的に日常生活の中でスカートを穿かれるようにされたらいいでしょう。世間体などは気にしたらいけないと思いますよ。

※メッセージ掲載日:2002年4月21日
※ページ情報更新日:2007年8月07日 (メールアドレス廃止)

(C) 2002-2016 The Society of Men's Skirt